BLOG ブログ

終活とは⁇終活するときに知りたいお金のことトップ3(北陸版)

こんにちは。メンタルコーチオフィス小寺 代表の小寺です。

とあるwebサイトで、自家消費ついでに今年のお歳暮を例年の半額で仕入れました。早すぎると思って主人にも相談したのですが逆にノリノリで話が進んであっという間の購入でしたw

曼珠沙華

そんな小寺ですが、今回は終活をテーマにした記事を書いていこうかと思います。

突然ですが、あなたやあなたの周りで終活をしている方はいますか??

「自分には関係ない」「まだまだ先の話」と思いがちな終活ですが、ご親族の相続を経験したときなど、ふとした折にご自身の終活を意識する方は多いものです。今年は特に、現役世代と呼ばれる若年層の終活に関するお問い合わせが多いです。

若年層(30~40代)ですと、ご自身の資産把握はしっかりされている方も多いのですが、自分の終活において「どんなお金がかかるのか」「いくらかかるのか」をご存じない方も多いのが特徴です。

そこで、本日はファイナンシャルプランナーである私小寺が若年層の方にも比較しやすい、終活するときに知りたいお値段トップ3について、北陸の傾向を踏まえてお伝えしていきます。

今、北陸にお住いの方で終活について考えているという方がいましたら、参考にしてみて下さい。

終活するときに知りたいお金のこと①仏壇代

仏壇
まず、終活するときのお金として知っておきたいこととに、仏壇代があります。
最近では都会を中心にリビングに飾れる小さな仏壇などが流行ってきていることもあり、
全国的な仏壇購入費用は減少傾向にあります。
リーズナブルなものでは5万円台なんてものも。
とはいってもきちんとした豪華な仏壇を購入した場合は高くなりますので、
全国平均は80万円前後といわれています。

では、今回テーマとなる北陸ではどのくらいの相場なのでしょうか??

結論、北陸の仏壇代は全国平均と比べてかなり高めです。
特に富山県・石川県は全国でもトップクラスの高さを誇ります。
ご自身でなくても、相続の際などに仏壇を新調する可能性のある方は

150~180万円を覚悟する必要がございます。

この金額は、なかなかなものですよね…。
なぜ北陸の仏壇代が高い傾向にあるのかというと、浄土真宗の影響ともいわれていまして
古いお宅では、金箔などを貼った金仏壇を置いているケースも多いようです。

新規購入をしなくても、大きいものですと
クリーニングに出すだけで数十万円もの費用がかさみます。
このように、購入して終わりではなく維持費もかかる場合もあるので、ご実家などをご覧になって、チェックしておきましょう。

終活するときに知りたいお金のこと②お墓代

お墓
次に就活するときに知りたいお金に、お墓代があります。
お墓の購入費用は「土地代+石代」が最も多く、
全国平均で140万円前後と言われています。

最近では墓石などを買わない、継承者も不要の永代供養を行うケースが増えており、
跡継ぎがいないケースの安心感もあって注目されているようです。
そういった場合は
「永大供養付き土地代」として土地代が少し高くなりますが、石代が不要になり
総額20万円~70万円と費用が抑えられます。

では先ほど同様、北陸の場合は一体どうなるのか。
北陸では、永代供養を選ばないケースがまだ多いこともあり
全国平均と同じか少し高めを見積もっておくと安心できるでしょう。

もちろん、永代供養墓を選択するというのもいい選択肢です。
北陸では、まだまだ受け入れ場所が少ないので色々見学・見積りをした方がよさそうです。

終活するときに知りたいお金のこと③葬儀代

葬儀
最後に終活するときに知りたいお金のこととして、葬儀代があります。
これに関しては先に北陸地方の傾向についてお伝えしたいのですが、全国的に見て北陸地方のうち、富山県と石川県は
トップクラスといってもいいくらいに高めです。

全国平均は120~140万円といわれているようですが、北陸地方の相場となると、なんと140~180万円ほどといわれています。
全国平均よりも20万円以上高いとは、こちらもなかなかな金額ですよね…。
北陸地方は香典返しなどの費用総額も高いと言われていますので、大規模に人を呼ぶ形式の方が多いことも理由の一つでしょう。

とは言うものの、家族葬など規模を小さくするケースも増えてきているので、
全国的な傾向と同じく多少は減少傾向にあると言われています。

一方で福井県は110万円前後と全国平均よりも低め。
これは、福井県には質素を旨とする禅宗の方が多いからかもしれません。


葬儀そのものではこのように大きな開きがありますが、
法会などの会食費については、富山県が比較的高め(40万円強)です。
石川県と福井県は、全国平均の30万円前後とあまり変わりません。

富山県は、生活物価は安めですが
飾りカマボコやブリの半身返しなどの慣習もよく聞きますから
冠婚葬祭に関する費用は全般的に高めですね。

【終活のお金】お布施はどれくらい包むもの?

お布施
ここまで様々な終活のお金についてお話してきましたが、ではお布施はどれくらい包むものなのでしょうか??
残念ながらお布施の額は、地域差だけでなく、お寺や宗派によって千差万別です。

お隣で情報収集していた金額とご自身のお寺とで3倍以上の差があった!

なんていう話も聞きますので、
ご自身の檀家と思われる場所(お寺)の情報を集められる方は
ぜひ集めておきましょう。

全国平均は葬儀の時にかかるお布施で20~30万円と言われています。

※若年層の方は失念しがちですが、その後も月命日のお参りごとに数千円のお布施が必要です。

【終活のお金】香典で葬儀代をカバーできるものなの?

香典
お布施以外にも気になるのが香典ではないでしょうか。
ここまで読んでみて、終活には結構色んな事にお金がかかるので、香典で葬儀代をカバーできれば…と
思った方も多いのではないでしょうか。
私もそんな風に思ってしまったのですが、結論からお話しますと香典で葬儀代をカバーできることはほとんどありません。

香典をいただく方を多く見込めば
その分香典返しの費用がかさみますし

家族葬にする場合は香典をいただく方自体が少なくなります。

それでも意外と、家族葬よりも大規模な葬儀の方が
香典でのカバー率が高くなる傾向にあるそうです。
不思議ですね。

終活とは??終活するときに知りたいお金のことトップ3(北陸版)まとめ

ポイント
いかがでしたでしょうか??
今回は、終活の時に気になるお金トップ3、

仏壇、お墓、葬儀

の北陸でかかる費用の傾向
についてお伝えしてまいりました。

終活という言葉を聞いて、身近に感じていらっしゃる方もいれば
まだまだ遠い未来だと思われる方もいらっしゃるでしょう。

ただ、まだまだ遠い未来だと思われている方も、誰しも必ず人生の終わりを迎えます。
それは一体いつになるのか、誰も事前にはわかりません。
だからこそ、ご自身のため、家族のために、この終活にまつわる色々な情報がいつか役に立つかもしれません。
この記事をきっかけに、終活について少し考えてみようかな??と思った方がいましたら、まずは終活にまつわるお金についてから考えてみてはいかがでしょうか??

今回テーマにした終活のような、ご自身のライフプランやライフステージに合った手続きをすぐにとれるような情報を今後もお伝えしていきます。

北陸・石川県でマネーコーチング、ライフプランニングをご検討の方はぜひお問い合わせくださいね。