BLOG ブログ

2021年度版 羽咋市の事業者さま向け!!輝くはくい活性化給付金について徹底解説!!

2021年度版 羽咋市の事業者さま向け!!輝くはくい活性化給付金について徹底解説!!

こんにちは。メンタルコーチオフィス小寺、小寺です。

今回は、石川県羽咋市の中小企業及び個人事業主のみなさま向けの給付金情報です。

昨年度、羽咋市は「羽咋市持続化給付金」として給付事業を実施しましたが、今年度においても補助金ではなく給付金として中小事業者さまへのサポート事業を行うとのことです。

申請受付から30日以内に、給付されるかどうか判定するというアナウンスもあるようなので、待ち続ける必要が無いのも安心ですね。

今回はその概要と、申請にあたっての注意点を説明していきますね。

輝くはくい活性化給付金の目的

羽咋市役所、ISICOなどに制度の説明ページがございます。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、事業縮小等を余儀なくされた中小企業および個人事業主を対象として、輝くはくい活性化給付金を給付し、事業継続および新型コロナウイルス対策の支援を行っていきます。

輝くはくい活性化給付金の申請受付を開始します!!/羽咋市公式ホームページ (hakui.lg.jp)

とのことです。

輝くはくい活性化給付金の給付対象要件とは

輝くはくい活性化給付金の給付対象となる事業者さまの要件は、大まかにいうとたったの2つです。

・事業収入が2019年同月比で、20%以上減少した月がある

・市内に住所のある個人事業主もしくは市内に本店の登記がある法人である

ではそれぞれ解説していきますね。

輝くはくい活性化給付金の給付要件①事業収入が2019年同月比で、20%以上減少した月がある

コロナ関連で売上が減少した事業者さま向けの給付金なので、事業収入(売上)が減少した方であることが要件となっています。

2019年の事業収入(売上)が減少した月として選択できるのは、2021年1月から6月の期間となっています。期間内であれば、好きな月を選んでOKですが、季節要因が大きい事業者さまは選択できる月に制限がありますので、注意が必要です。

輝くはくい活性化給付金の給付②羽咋市内に住所のある個人事業主もしくは羽咋市内に本店の登記がある法人

羽咋市の事業者さま向けの給付金ということで、羽咋市内に住所がある個人事業主さまか、羽咋市内に本店の登記がある法人さまという要件があります。羽咋に支店のみがあるケースはダメということですね。

ただし、店舗が羽咋市で住所が隣の市町村といった個人事業主さまの場合などは、原則とは異なりますが例外的に認められるケースもあり得ますので、担当課に問い合わせてみることをオススメします。

また、今後も事業を続けていくつもりのある事業者さま向けの給付金ですので、事業を行っていること、継続していく意思があること、事業に必要な許認可を所持していること、なども確認されます

※1が満たない場合でも、「羽咋市起業家支援補助金の交付決定を受け、2020年中に開業した事業者で、月平均の事業収入が減額や、20%以下の増加となっている事業者」は対象になるとのことです。

※原則として、市税に滞納がない事業者さまを対象としています。万が一、市税の納付にご不安がある場合は、事前に相談をした方がいいでしょう。

輝くはくい活性化給付金の給付額

輝くはくい活性化給付金の給付金額は、最大20万円となっています。

給付金額の基本的な計算方法は以下の通りです。

(2019年1月から6月の総事業収入)ー(2021年対象月の月間事業収入×6)

※1万円未満の端数は切り捨て

ただし、月ごとの事業収入(売上)の季節変動が激しい業種の場合などは、算出方法が変わる可能性があります。計算用のフォームは羽咋市のwebサイトに公開されていますので、フォームの通りに計算することになります。

輝くはくい活性化給付金の受付期間

輝くはくい活性化給付金の受付期間は以下の通りです。

2021年5月6日(木曜日)~2022年2月15日(火曜日)

来年まで申請できるのはありがたいですね。

ただし、申請期間は来年2月までですが、対象となる売上の計算期間は2021年1月~6月、と今月までとなっておりますので、誤解しないように注意が必要です。

輝くはくい活性化給付金の申請方法

では、実際に「輝くはくい活性化給付金」を申請したい場合の申請方法を解説していきます。

輝くはくい活性化給付金の申請方法①申請書類をそろえる

輝くはくい活性化給付金の申請にあたって、必要な書類は以下の通りです。

・申請書(様式1、別添「輝くはくい活性化給付金申請手順兼計算シート」)

・宣誓書

・事業収入の減少が分かる書類(2019年の確定申告書・2021年1月~対象月までの売上台帳)

・許認可が必要な事業の場合、営業許可書(写し)

・申請者名義の通帳(写し)

・申請者の確認書類(個人事業主さま:運転免許証など、法人さま:履歴事項全部証明書など)

申請に必要な書類のうち、申請書一式と宣誓書の書式は、市のホームページからダウンロードが可能です。

紙での用紙が欲しい場合は、市役所2階商工観光課や市商工会に備え付けてあるようですよ。

輝くはくい活性化給付金の申請方法②申請書類を完成させる

輝くはくい活性化給付金申請手順兼計算シートの通りに、計算を行ったうえで申請書の該当欄に記入していけば申請書類は完成します!

宣誓書もとても簡単に、申請者の住所と名義を記入するだけなので、とてもシンプルです。

輝くはくい活性化給付金の申請方法③申請書類を提出する

郵送によるほか、メールによる電送、窓口持参での申請が可能となっています。

郵送の場合は、2022年2月15日(火曜日)以前の消印があるものを有効とし、簡易書留など郵便物の追跡ができる方法で提出が必要、とのことです。

提出先は、羽咋市商工観光課となっています。

輝くはくい活性化給付金 まとめ

今回は、羽咋市商工観光課が取りまとめている、輝くはくい活性化給付金について解説してまいりました。

いかがだったでしょうか。

お手続きにあたってはお近くの行政書士へご相談するとスムーズです。厳しい状況が続く中、シンプルな手続きで給付金が得られるチャンスですので、羽咋市の事業者さまはぜひ申請されることをお勧めします。

benefit