BLOG ブログ

北陸限定!!電気料金を節約する大事なポイント3つをまとめてみた

北陸限定!!電気料金を節約する大事なポイント3つをまとめてみた

こんにちは。メンタルコーチオフィス小寺 小寺です。

現在夏真っ盛りですが、そんな時期に気になることの1つとして、電気料金がありますね。

最近では電力自由化、エアコンの使い方、ソーラーパネルなど電気料金の節約について世間での情報があふれており、民間会社の参入や地域をまたいだ契約によってお得な思いをされる方も多いようです。

しかしその一方で、都心部で有名な電気料金の節約方法でも、北陸地方ではあまり効果がない方法もあります。

「全国最先端の電気料金節約!!」などのキャッチコピーに踊らされて節約のつもりがマイナスになってしまった、なんてことにはなりたくないですよね。

そこで本日は、北陸地方(富山、石川、福井)の県内にお住まいの方中心に、石川県在住のファイナンシャルプランナーである私小寺が、電気料金を節約するポイントをお伝えいたします。

今、北陸地方に住んでいて、電気料金を見直したいと考えている方は必見です!!

暑い夏

北陸地方の節電は、全国の最先端と一緒にしてはダメ

電力
まず、北陸地方にお住いの方で電気料金を節約したいと考えている方に、覚えておいてほしいことがあります。
それは、北陸での電気料金の節電手法は全国での手法と勝手が違うということ。

最近のはやりの電気料金節約法でいうと、
・電力会社乗り換え
・ソーラーパネル
等が思い浮かばれると思いますが、

全国で注目されているこれらの手法は
実は北陸では「失敗」と言われることさえあるのを
ご存知ですか?

なぜ「失敗」と言われることがあるのか。
次にまとめてみました。

電気料金節約①電力自由化は無視していい

電力自由化で、民間会社が格安プランを出してきたり
各電力会社が地域をまたいで契約できるようになったり

「契約を変えたらお得になった!」

そんなニュースや記事がよくございます。
ですが、この北陸地域の元々の電力会社は北陸電力です。

実は、北陸電力は各電力会社を差し置いてとても安いのです。
最安値に近いと言ってもいいでしょう(初年度だけの減額プランなどは別ですが)。

元々管轄の原子力発電所がほとんど無かった、などの背景があるのですが
現状、電気料金の比較サイトで調べても、北陸電力から他の電力会社への乗り換えで明確に永年安くなるプランというのはほとんどありません。

ほくリンク契約を始めとした北陸電力のプランの中での見直しを行う方が、効率的に電気料金を減らすことに繋がるでしょう。

【北陸の電気料金節約】ほくリンクとは??

ちなみにほくリンクというのは、web会員のことです。
このほくリンクというのには各種ポイント制などのお得な情報もございますし、検針結果の紙面通知は2020年4月より有料になっていますので、ほくリンク会員でwebチェックしている方が確実に毎月の料金節約になります。
北陸にお住いの方は、一度チェックされるといいでしょう。

また、LED照明は日中の日照量が低めの北陸では効果的な節電家電です。
電球交換の際には、少し高めでもLED照明を買うようにしてみると、長期的にはお得です。

電気料金節約②ソーラーパネルも無視していい

ソーラーパネル
また、電気料金を下げる手段としてソーラーパネルもよく話題に上ります。
消費電力を上回る売電収入で、
「オール電化×ソーラーパネル」で光熱費ゼロ!というお話ですね。

こちらについても、
残念ながら北陸地方は日照量が低めですので、
全国平均と比べると発電量を少なめに見積もらないといけません。
特に冬は日照量が低いことに加えて、
雪が積もってしまうと
全く発電しなくなってしまいます


もちろん電気料金自体は売電収入の分下がりますが、
設置料金は全国平均と変わらず150万円~300万円(家庭用の大きさ)かかりますし
15年程度でメンテナンス料金がかかると考えますと

元が取れるとは言いにくいのです。

ですが、同じリフォームでもちゃんと北陸に合った節電になるリフォームのポイントがあるのです。
それは窓の断熱性能をあげること。

なぜ、窓の断熱性能をあげるといいのか、次にまとめてみました。

電気料金節約③窓の断熱性能を上げよう

二重サッシ
北陸では窓の機密性・断熱性能を高めることが、節電にとても効果的です。
元々家の断熱性能の大部分は「窓で決まる」と言われるくらい
窓から入ってくる外気の断熱性能による違いは大きいです。

さらに北陸地方は
夏は暑い&湿度が高い
冬は雪が降る(もちろん寒い)&結露がひどい

という気候を踏まえて窓の断熱性能を上げておくことが日々の電気料金の節約につながるのです。


窓の断熱性能を上げるメリットは

・冬は暖かい
・夏は涼しい
・室内が年中過ごしやすく快適
・室温によるストレスを軽減
・防音性能も高い
・結露しにくい
・電気代を節約できる
・断熱性能の高い家は税金も優遇
・腐食などにも強く家が長持ちする
・カビやダニの発生を抑制
・ヒートショックを抑制


など多岐にわたります。

他方で明確なデメリットと言えるのは

・最初にかかるコストが大きい
・乾燥しやすい

という点。

このデメリットのうち「乾燥しやすい」という点については加湿器などで解決可能です。
コスト面についてはごもっともなので、ご自身のライフプランに合わせての導入をすると良いでしょう。


コストをかけてもOKであれば、

・窓を二重窓にする
・窓を二重サッシにする


などのリフォームを行ってもいいと思います。
ただし、これらも住宅メーカーさんによって色々性能が異なりますので、
コストとパフォーマンスを比較しながらにしましょう。

水道光熱費を総合的に見てお風呂場だけでもリフォームする、などの場合1窓5万円台~(工事費込み)というケースもあるようです。
一方で家全体を二重窓・二重サッシにしようとすると100万円以上必要となるケースが多いです。


また
「窓の断熱性能を上げたいけれど、そこまでの費用を今かけたくない」
「もう少しだけ断熱性能を上げるなら」
などお考えの方には

1級遮光カーテンの購入をおすすめします。

光をさえぎるだけでなく、断熱性能が上がります。
1セット3,000円~購入できる商品もあるようですので、断熱性能を少しランクアップしたい方にいいのではないでしょうか。

北陸地方の方が抑えるべき電気料金の節約ポイント

以上のことから、北陸地方にお住いの方が抑えるべき電気料金の節約ポイントとして
・ほくリンク、LED照明で毎月お得にすること
・電力会社乗り換え・ソーラーパネルはお得とは言い切れないので慎重に検討を
・リフォームするなら二重窓や遮光カーテンなど窓の断熱性能・気密性を上げる方向で
の3つをご紹介させていただきました。

要は、北陸地方に合った節約方法を行うことかと私は思います。

北陸限定!!電気料金を節約する大事なポイント3つをまとめ

ポイント
いかがでしたでしょうか??
最近、メディアなどで様々な電気料金の節約方法が紹介されたりしていますが、流行のものを取り入れるよりも北陸地方に合ったものを取り入れられた方が節約できる場合があります。
今回の記事で紹介したことをいきなり全て実践するということはなかなか難しいかと思いますので、できそうなところから挑戦されてみて下さい。
コツコツとした行動の積み重ねによって、流行に乗らなくても効果的な節約ができるかもしれません。

何かわからないことなどありましたら、お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせフォームはこちら