BLOG ブログ

イデコの掛金払込証明書を再発行したい時の手順をまとめてみた!!【年末調整、確定申告時必見】

イデコの掛金払込証明書を再発行したい時の手順をまとめてみた!!【年末調整、確定申告時必見】

みなさん、こんにちは。

メンタルコーチオフィス小寺代表、小寺優子です。

確定申告や年末調整の季節には、
日頃の忙しさや、引っ越しなどのライフスタイルの変化の影響で、所得控除のための証明書が見当たらない!となることも多いですよね。
イデコの証明書も貼ろうと思ったらない!
再発行はどこに問い合わせたらいいの!?

という質問に答えます。

年末調整や確定申告でイデコの掛金はどのように控除されるのか

生命保険や国民年金保険料などのように控除証明書を添付することで、全額が所得控除になります。
イデコにおいての所得控除のための証明書は「小規模企業共済等掛金払込証明書」と書かれています。
掛金払込証明書と省略されることも多いですね。

年末調整で所得控除がされると、所得税と住民税が軽減されます。

所得税は源泉徴収されたものから直接差し引きされます。年末調整では大きな還付金になってくると評判ですね。
住民税は翌年度の計算から差し引かれます。実質的な感覚は薄いですが、
翌年以降うっすらと給与の手取り額が多くなる印象です。
 
イデコの説明ページのリンクはこちら

【イデコ 証明書再発行のポイント】①イデコの掛金払込証明書はいつ送られてくるのか

イデコの掛金払込証明書は、毎年11月頃に運営会社から送られてきます。
経営やお勤めの都合で年末調整をされる方は、そのまま会社の様式に沿って添付して提出すればOK。

確定申告の場合も、税務署の「小規模共済掛金等控除」欄に添付・記入すれば大丈夫です。

生命保険料控除のような複雑な計算式が必要ないのでシンプルと言えます。

【イデコ 証明書再発行のポイント】②年末調整・確定申告の時に掛金払込証明書が見当たらない!!

イデコの掛金払込証明書がみつからない!という場合も、慌てないでください。

所得控除のための書類(掛金払込証明書)が見つからない場合は、無料で再発行の手続きが可能です。
原則として、イデコを申し込んだ金融機関に問い合わせましょう。
再発行申請書を記入して提出すれば無料で再発行してもらえます。
基本的にはほかに添付するものもないので楽ちんです。
 
ただし、受付から再発行までに3週間~1か月かかることもあるようですので、確認はお早めに。

再発行の間に確定申告の受付期間が過ぎてしまうと所得控除が出来ませんのでご注意くださいね。

※年末調整の申請期間が過ぎてしまった場合ですと、改めて確定申告を行うことで控除が可能です。
 
受付金融機関の委託運営先が「確定拠出年金サービス株式会社」の場合などは、
webから取り寄せ出来るサービスもあるようです。
 ※加入後の各種お手続き

イデコの掛金払込証明書を再発行したい時の手順まとめ

いかがでしたでしょうか??

イデコの掛金払込証明書を再発行したい場合について説明させていただきました。

節税と資産形成を兼ねてイデコに加入される方は多いです。大きな目的の一つである所得控除のモレがないように、掛金払込証明書の再発行について事前に知っておけば安心ですね!!

ご意見、ご感想、お問い合わせはこちらからどうぞ!!