BLOG ブログ

起業のためのブログ記事が書けない時にやるべきことまとめ

起業のためのブログ記事が書けない時にやるべきことまとめ

みなさん、こんにちは。

メンタルコーチオフィス小寺代表、小寺優子です。

普段から利用しているFacebookやInstagramやTwitterなどを見ていると、色々な発信をしたり成功したりしている記事を見つけては「私もこの人みたいにSNSを使った起業活動をしたいな…」「コロナ禍で先がわからないから、何かネットを使った起業活動を始めようかな…??」そういった思いでSNSのアカウントを取得した!という話を、最近よく聞きます。

SNSなどのネットを活用して起業をしてみたいと思うことは、行動力がないと思えないことですから、私個人としては非常に素晴らしいことだと思います。

しかし、SNSやネットで起業活動をする際に、ある記事を偶然見つけてくださったお客さま候補の方が、記事主の最近の活動などに興味を持ってブログを見てみたら、更新が2年前だった、という場合、その方にとってはなんだか活動していない印象を与えてしまいますよね。

SNSで写真とともに簡単な近況報告をアップするのも大事ですが、あなたのサービスや思いをしっかりと深く伝えるときには、やはりブログ記事が有効です。

とはいえ「聞いたことはあるけど長い文章なんて書けない!!」「ブログは苦手…」「文章をまとめる時間が取れない…」という方も多いです。

そこで今回は、起業活動のためのブログ記事が書けないという時にやるべきことについてまとめてみました。

今年こそ起業活動を軌道に乗せたいと考えている主婦の皆さんは、必見です。

起業活動のためのブログ記事を書くための理想的な流れを知ろう

「今年こそブログを続けるぞ!!」と思っても、勢いだけではブログ記事は書き続けられません

お天気の話や家族の写真だけアップすることはできるかもしれませんが、それだけだとお客さまの購買意欲を上げることはできないですから、あなたとあなたの商品が信用できると伝わるブログ記事が必要なのです。

これから起業活動としてブログ記事を書こうと考えている主婦の方は、起業する上では一体どのようにブログを書けば、信用力のあるブログ記事を書き続けられるのかをしっかりと知っておきましょう。

【起業活動のためのブログ記事の流れ】①疑問、質問を提起する

あなたの商品やあなたのサービスはいったいどんなものでしょうか。どのような満足を与えてくれるものでしょうか。

今までに質問されたことを思い出してみてください。

そういった疑問は、すべてブログの記事のネタになります。質問がぱっと思いつかない場合は以下のことを試してみましょう。

≪ブログ記事のネタ≫家族や友人に聞く

あなたをよく知る家族や友人なら、心置きなく質問や疑問を口にしてくれるでしょう。

≪ブログ記事のネタ≫親しいお客さまに聞く

すでにお客さまになっている方に、改めて聞きたいことや疑問点などを言ってもらいましょう。ブログのネタにもなりますし、サービス改善の役にも立つので一石二鳥です!!

≪ブログ記事のネタ≫今までの質問を思い出す

初めましての方ならではの疑問を出してもらうことは、上の二つでは難しいことがあるかもしれません。以前に自分がされた質問を思い出してみることで、初めてあなたのブログを見た人の疑問が解決できる記事が書けることでしょう。

≪ブログ記事のネタ≫似た業種のブログやニュースを探す

一人で質問やネタを探すことには限度があります。あなたと同じ業種や似た業種の方が書いている記事、ニュース、ブログを探してみましょう。

そしてその記事のネタで、「自分だったらどう答えるかな」という視点でブログを書くのです。

※文章をコピーすることではなく、ネタだけ参考にするのです。

日々ニュースサイトなどで記事は更新されていきますから、あなたのブログに沿ったネタをどんどん拾っていきましょう。

【起業活動のためのブログ記事の流れ】②質問に答える

記事のネタになりそうな質問が思いついたら、次にその質問に答えましょう。

質問にうまく答えられないこともあるかもしれません。そういったときはその質問を一旦横に置いておいて他の質問を探しましょう。

単純な質問なら、一つの単語だけで答えになるかもしれません。その場合は、その単語に対するあなたの考えを一緒に答えることで、ボリュームのある答えを作ることができます。

また、質問に答えるだけでとても説明が必要になることもあるでしょう。この場合は他にも色々な記事のネタが出てくる可能性があります。

【起業活動のためのブログ記事の流れ】③答えを記事にする

②で質問に答えることができたあなた!!

あとはその答えをそのまま記事にしてしまいましょう

文章を改めて考えなくても構いません。Q&A形式でそのまま書くだけで、ちゃんと記事になるのです。

それでも文字が書けないという方に、記事が書けるための近道をいくつかあげましたのでご覧くださいね。

答えを記事にする近道①「質問→答え」の流れを録音する

「友達やお客さまから質問を受けた時にならすぐに答えられるけど、そのときのことを思い出そうとしても何を言ったか思い出せない!!」という方。

これは忙しい方によくあるのですが、ブログ記事の観点からするととてももったいないです。質問と、それに対する答えがすでにあるということは、記事のネタが整っているということだからです。

質問と答えの流れを自分で録音して、再度聞きながら記事を書くと驚くほどスラスラと記事が書けますよ。

答えを記事にする近道②面白いと思う記事の書き方をマネする

「いざ書こうとすると、記事としての形式が整っていない気がする…」という方には、すでにある先達のブログ記事の形式をそのままマネしてみる方法をおすすめします。つまり、あなたが良いと思ったブログの形式を一旦完全にコピーして、中身にあなたの記事のネタを当てはめていくのです。

「学ぶということはまねぶこと」…ととある偉い方がおっしゃっていました。形式をマネすることは決して恥ずかしいことではありません。自分のブログ記事をブラッシュアップさせたいと思ったときには、思い切って書き方をマネしてみることで、それまでより何段階も読みやすい記事や面白い記事が書けるかもしれません。

ただし、当てはめようとしたブログの形式と、あなたの記事のネタがしっくりこないこともありますから、無理にしっかりあてはめなくてもOK。

答えを記事にする近道③得意な人に頼む

これまでの流れをつかむまでに時間がかかる、とか全くイメージがつかめない、という場合には、一旦他の人にやってもらうことも視野に入れるといいでしょう。

インタビューしてもらう

記事の枠を作ってもらう

文章に起こしてもらう

これらのことが短時間でできる方が、あなたの身の回りにいらっしゃるようでしたら、対価を払ってやってもらうことで自分でもできるようになるかもしれません。

起業のためのブログ記事が書けない時にやるべきことまとめ

いかがでしたでしょうか??

今回は、起業のためのブログ記事が書けない時にやるべきことについて説明してきました。読んでいて「これならできそう!!」という方もいらっしゃれば「やっぱり自信がない」という思いになっている方もいらっしゃるかもしれません。

一気に完璧な記事を目指さなくても大丈夫です。記事をどんどん書いていけば、いつの間にか記事を書くペースが上がっているものです。また、ブログは後から更新が可能ですから、「少し足りないかも?」というくらいの出来でもアップしてしまいましょう。

そして、どんどん手直ししていけばいいのです。私もブログをアップしては誤字脱字に気づいて直したり、ちょっとした言い回しを変えたくなって更新したりしています。

【千里の道も一歩から】という言葉がありますが、これはブログ記事でも同じことが言えます。

この記事を参考にしながらコツコツとあなたのペースでブログ記事を書き貯めていって、あなたの夢だった起業活動を軌道に乗せていって下さいね!!

ご意見、ご感想、お問い合わせはこちらからどうぞ!!