BLOG ブログ

起業する主婦必見!!必要な資金や資金調達方法まとめ

起業する主婦必見!!必要な資金や資金調達方法まとめ

みなさん、こんにちは。

メンタルコーチオフィス小寺代表、小寺優子です。

最近はSNSを活用した起業活動をされる女性や主婦の方が増えていますね。

特に今はコロナの影響もあり、これまで以上にネットを活用した起業活動をしている人が増加している印象があります。

このブログを読んでいる方の中にも普段から利用しているInstagramやTwitterなどを見ていて、「私もこの人みたいにSNSを使った起業活動をしたいな…」「コロナ禍で先がわからないから、何かネットを使った起業活動を始めようかな…??」と思っている方がいらっしゃるかと思います。

SNSなどのネットを活用して起業をしてみたいと思うことは、行動力がないと思えないことなので私個人としては非常に素晴らしいことだと思います。

しかし、起業をするのであれば事前にお金がなければ起業活動そのものができなくなってしまいます。

特に主婦の方々は家庭にかかるお金、そして子供にかかるお金のことも考えながら起業活動をしていかなければなりません。

そこで今回は、これから起業活動をしようか考えている主婦の方に知っておいてほしい資金についてまとめてみました。

起業に必要な資金についてだけではなく、資金調達方法についてもまとめてみましたので、今起業活動を始めたいと考えている主婦の皆さんは必見です。

起業する前にどんな資金が必要なのかを知ろう

「今年こそ起業活動を始めよう!!」と思っても、勢いだけでは起業活動は成功できません

起業活動で大切なのは、勢いよりもお金です。

このお金のことを考えずに起業活動を始めてしまうと、起業活動を継続することが難しくなってしまいます。

特に主婦の方で起業するのであれば、何も考えずに起業活動を始めて子どもの学費等が払えなくなってしまった等という事態になってしまっては大変です。

そうなる前に、これから起業活動をやろうか考えている主婦の方は、起業する上では一体どんな資金が必要なのかをしっかりと知っておきましょう。

【主婦起業で必要な資金】①運転資金

まず、起業する上で必要な資金の一つに運転資金があります。

運転資金というのは、起業してそのお仕事を続けていくためのお金のことを言います。

具体的に運転資金というのには、

・両替資金

・消耗品の購入費

・商品・サービスを提供するための仕入代金

の主な3つがあります。

≪運転資金≫両替資金

両替資金というのは、その名の通り現金でやりとりする際に必要となるお金のこと。

直接対面によるサービス提供で起業活動を検討している方は、用意した方がいい場合が多いでしょう。

しかし、サービス内容によっては現金でのやりとりをしないケースもあります。

その場合は、決済用の通帳を用意して、生活用の口座と事業の口座と分けて使用するといいでしょう。

≪運転資金≫消耗品の購入費

どんなサービス提供をするにも、ペンや紙、プリンターのインク代など消耗品が必要となる場合が多いです。

売上管理の帳面や自分用の文房具など、起業をするとどのようなものが必要になるのか、その資金も忘れずに考えておきましょう。

≪運転資金≫商品・サービスを提供するための仕入代金

アクセサリーを作る教室やアロマ教室など、業種やサービス内容によって何か必要な物を仕入れなければいけないものがあります。

そのようなサービスを提供される方は、仕入れ代金を事前に用意しておく必要があります。

仕入れ代金については業種によってかなり変動がある部分なので、事前に念入りにチェックしておきましょう。

≪運転資金≫上記3つの資金が足りなくなった時用の資金

どんなに予測して準備万端と思える資金を用意していても、人生予期せぬことが起こるもの。

これまで紹介した必要資金3種類を十分に用意していても、資金が足りなくなってしまうことも起こるかもしれません。

そんな時に対応できるよう、緊急予備資金として先ほど紹介した3つの資金額の2~3倍の資金を他に用意しておくと安心です。

【主婦起業で必要な資金】②設備資金

次に起業をする上で必要な資金となるのが、設備資金です。

設備資金というのは、起業してそのお仕事を行うために備えておかなければいけない機械や場所のお金のことを言います。

場合によっては既に持っているものを使うなど必要がない場合も多いで、あなたの場合は事前に何か備えなければいけないものはあるのかないのか、しっかりと確認をしておきましょう。

設備資金の例

では、設備資金となるものは一体どんなものがあるのか。

具体的な例としては、

・機械代金

・車両費

・土地建物代

があります。

≪設備資金≫①機械代金

機械代金というのは、服飾関係のサービスを提供される場合はミシンなどが当てはまりますね。

ネットを使った起業活動をする方でしたらパソコンやタブレットが当てはまります。

このように、あなたのサービスに無くてはならない、必要な機械のことを機械代金と言います。

≪設備資金≫②車両費

また、車を使う起業活動をされる方は車が設備資金に当てはまります。

移動手段となる一般車両のほか、デリバリーやキッチンカーなどの設備もあり得ます。

≪設備資金≫③土地建物代金

設備資金の中に土地建物代金というものがありますが、店舗を構えて起業活動をされる場合はこれに含まれます。自宅を改装して行う場合は改装費となります。

主婦起業で必要な資金を調達する方法

ここまで起業をする前に考えるべき資金について説明してきましたが、読んでいて「こんなにお金が必要なのか…」「今、手元にお金がないからやっぱり起業を諦めようかな…」という思いになっている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、そこを諦めてしまうのか必要資金を集める行動に移すかの違いが、起業活動で成功する人になれるか失敗する人になってしまうかの分かれ道とも言えます。

ここからは、私が考えるこれから起業したいと考えている主婦の皆さんでもできる資金調達方法をいくつかご紹介いたします。

【塵も積もれば山となる】という言葉がありますが、これは資金集めでも同じことが言えます。

コツコツ今あなたができることのアクションを起こして、起業活動するという夢をかなえて下さいね。

主婦起業の資金調達①融資

まず融資というのはなにかというと、シンプルにいうとお金を借りるということです。

起業をしたいけど、開業資金の準備が難しいという方には融資を検討されてもいいでしょう。

融資には大きく分けて

  • 公的融資
  • 民間融資

の2種類があります。

公的融資は国や自治体などが行っている融資で、民間融資は銀行などでの借り入れのことをいいます。

融資を検討される際は、あなたに合うものはどちらなのかを良く調べて検討するといいでしょう。

資金調達の仕方② 助成金

助成金というのは融資とは異なり、一定条件を満たすことで返済の必要がないお金のことをいいます。

助成金は条件を満たしていれば、いくつかのものを併用して利用することも出来るので、気になる方は条件内容を早めに確認するといいでしょう。

資金調達の仕方③ 補助金

補助金というのは、期間内に応募して採択されれば支給される返済義務の必要がないお金のことをいいます。

期間を逃してしまうと応募できないので、気になる方は早めにチェックをしておくといいでしょう。

【主婦起業】具体的な資金調達方法の例

ここまで資金調達のお金についてお話をしてきましたが、具体的にはどのようなものがあるのかをまとめてみました。

資金調達①ビジネスコンテストに応募

資金調達をする方法の一つに、ビジネスコンテストに応募するというのがあります。

下記のリンクに女性起業家向けのコンテストがまとめられているので、こちらも参考にされるといいでしょう。

全国で開催されている女性起業家コンテスト7選

資金調達②国民生活事業

国民生活事業は、数百万円から数千万程度の融資を受けることが可能な機関です。

主婦の方でも利用している方が多いので、気になる方は一度チェックしてみるといいでしょう。

資金調達③日本政策金融公庫の「創業融資」の利用

この創業融資とは、簡単に言うと新しいビジネスをする人にお金を貸す制度のことを言います。

日本政策金融公庫での借り入れは金利が安く、無担保・無保証人でも融資が受けられるという点が魅力です。

これから起業したいという方はもちろん、起業してから五年ほど経っているという方にも、この創業融資は利用しやすいと言われています。

新創業融資制度のサイトはこちら

起業する主婦必見!!必要な資金や資金調達方法まとめ

いかがでしたでしょうか??

起業をする前に考えるべき資金について説明してきましたが、読んでいて「なんとなくお金がたくさん必要そう…」という思いになっている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、この記事を参考にしながらあなたにとって必要な資金とはなにかを改めて考えてみてください。ひょっとすると、案外必要な資金は少なくて済むかもしれません

起業をしたいと思っても、事前に資金準備をしないまま始めてしまうと継続することが困難になってしまいます。ご自分にとって必要な資金をしっかりと把握してから起業することが大切なのです。

この記事を参考にしながら必要資金をしっかり用意して、あなたの夢だった起業活動を開始して下さいね!!