BLOG ブログ

2022年4月 年金手帳廃止で何が変わる?

20才以上の人や20才未満でも就職している人は持っている年金手帳ですが、2022年4月から廃止されることが決まっています。今回は年金手帳の役割と今後について解説します。

年金手帳とは?

年金手帳が2022年4月に廃止って知ってた!? 今後は?

年金手帳とは年金の情報が記載されている手帳です。特に重要なのが基礎年金番号という各個人専用に割り振られている整理番号です。この年金基礎番号に国民年金や厚生年金の情報が紐付けられ、将来の老後の年金だけではなく障害年金や遺族年金などを受給する際に活用されます。そのため就職や転職する際は年金手帳を新しい会社に提出する必要があり、そのことを記憶している方も多いでしょう。

年金手帳は、一人ひとりの年金番号を通知するとともに、加入や脱退の記録をつけるためのものです。退職や結婚などで、年金の種別が変更になった際も記録されます。

年金手帳が廃止される背景

しかし近年は、そうした加入や脱退、変更の記録はすべてシステムで管理しています。そのシステム上で用いられているのがマイナンバー(個人番号)です。マイナンバーは行政の効率化をはかるために平成28年(2016年)から本格導入されたものであり、年金の管理にも適用されることになりました。

これまで年金の手続きには、前述の「基礎年金番号」が必要でした。しかし今では、年金の請求手続きはマイナンバーを用いるように変わってきたため、基礎年金番号で個人を識別する必要がなくなっています。そのため、年金手帳が廃止されることになったのです。

年金手帳はいつから廃止になる?

いままで年金手帳は国民年金や厚生年金の被保険者証として、年金保険料納付の証明や基礎年金番号の本人通知などに活用されてきましたが、2022年4月に廃止されることになりました。

2022年4月以降に20歳になった方や、10代で就職した方などには、年金手帳の新規発行は行われなくなります。

ではこれらの方には基礎年金番号はふられなくなるのかというとそうではなく、一人ひとりへ「基礎年金番号通知書」が送られてくるようになります。基礎年金番号を証明する必要がある場面では、この通知書を提示すればいいというわけです。

基礎年金番号通知書の書式は現時点で決まっていませんが、「年金手帳の代替として年金制度の象徴となるようなシンボリックなもの(色つきの上質紙など)とすること」「手元に丁重に保管してもらうため、名称を「基礎年金番号通知書」とし、大臣印の印影を入れること」「現在、共済年金加入者に送付している「基礎年金番号通知書」との統一を行うこと」などが検討されています。

一方、すでに年金手帳をお持ちの方は、引き続き基礎年金番号を証明する書類として手帳を利用できます。ただし、紛失した場合は年金手帳自体は再交付されません。基礎年金番号が発行されることになるので焦らないようにしましょう。

年金手帳廃止で、年金手帳はもういらない?

皆さんの大事な年金情報が紐付けられている年金手帳。でも廃止されるなら年金手帳はいらなくなるのでしょうか?「そもそもマイナンバーで年金の手続きができるのであれば、基礎年金番号は不要では?」と思われるかもしれません。

ですが、お持ちの年金手帳は捨てずに大事に保管しておきましょう。年金手帳に書いてある基礎年金番号が必要なタイミングもあり、注意をしておきたい点がいくつかあるのです。

今のところ、基礎年金番号が必要になる手続きやマイナンバーがあれば基礎年金番号は必要ない手続きなどの詳細は明らかにされていません。

ただし、日本年金機構のウェブサイトによると、「年金の手続きではマイナンバーまたは基礎年金番号を利用するが、海外に転出された場合や国民年金保険料の口座振替の申出などではマイナンバーではなく基礎年金番号で手続きを行う」といった旨が記載されています。

国民年金保険料の口座振替ができないと困りますよね?ですから、今のところは、年金手帳は大切に保管しておいたほうがよいでしょう。

年金手帳廃止で行うべきこと ①基礎年金番号を控えておきましょう

年金に関する情報は10桁の数字の組み合わせである基礎年金番号を通じて管理されています。国民年金に加入している人や、厚生年金に加入している会社員で手元に年金手帳を持っている人は、基礎年金番号を控えておきましょう。基礎年金番号があれば、日本年金機構が運営している「ねんきんネット」を活用して自分の年金情報をいつでも確認することができます。

ちなみにねんきんネットでは、これまでの年金記録や、将来受け取る年金の見込み額など自分自身の年金に関する情報をパソコンやスマートフォンを使い、いつでもどこでも確認できるシステムを導入しています。

年金手帳廃止で行うべきこと  ②基礎年金番号を調べるには?

基礎年金番号は、年金手帳をお持ちの方はそのまま年金手帳を見るのが一番早いので、今年金手帳をお持ちの方は大事に保管しておいてください。

ただし、それ以外の手段についても知っておくといいでしょう。

その他の方法としては、基礎年金番号通知書・国民年金保険料の口座振替額通知書・国民年金保険料の納付書、領収書・年金証書などで確認することができます。また、会社員の方であれば人事・総務関係の部署に問い合わせると調べてもらえます。

なお誕生日近くに送られてくるねんきん定期便には基礎年金番号の記載はありません。(一部記載がある年もありますが、あまりあてにしない方がいいでしょう)
もし、いずれの書類も手元になければ居住地を管轄している年金事務所で手続きすれば調べてもらえます。手数料などはかかりませんので安心してくださいね。

年金手帳廃止で何が変わる? まとめ

意識することはほとんどない年金手帳ですが、年金制度を支える大事なものです。今後、その役目はマイナンバーカードに集約されていきますが、基礎年金番号はまだまだ併用されるので、現在年金手帳をお持ちの方は大事に保管しておくことをお勧めします。

基礎年金番号が必要になる手続きやマイナンバーがあれば基礎年金番号は必要ない手続きなどの詳細も、今後随時明らかになっていくと予想されます。今度の動向にも注目していきたいところです。