BLOG ブログ

女性起業家向け助成金2021年度版4選まとめ

女性起業家向け助成金2021年度版4選まとめ

みなさん、こんにちは。

メンタルコーチオフィス小寺代表、小寺優子です。

最近、SNSを使った女性起業家が増えているように感じますが、コロナの影響が長引いている影響から起業活動が難航しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私も一応、女性起業家として活動をしている立場なので、今後のコロナの影響がどれだけ続くのか心配している状況ではありますが、やはり起業家として一番心配なのは金銭面ではないでしょうか。

そこで今回は、ファイナンシャルプランナーである私小寺が、2021年度の女性起業家向けの助成金についてまとめてみました。

今、今後の資金に悩みを持つ女性起業家の方は、ぜひ参考にしてみてください。

【女性起業家向け助成金】そもそも助成金って何??

最近、コロナの影響から政府などが助成金や給付金などの支援策を取ったりしていますが、今回ご紹介する助成金というのは一体何なのでしょうか??

助成金というのは、簡単にいうと使った費用について国などが援助してくれたうえで返済する必要のない資金のことを言います。

よく補助金と助成金の違いについて聞かれることがありますが、補助金と助成金の違いは事業者側からするとそれほど大きな違いはないと言えます。

この二つとも国や地方公共団体などから支出され返済する必要がない資金ということになるのですが、補助金には予算が決まっているという部分に違いがあります。

そのため、補助金は最大〇〇件(もしくは〇〇円)などと決まりがありますが、助成金は受け取る要件内容を満たしていればほぼ支給されるという違いがあります。

これらの違いを踏まえて、助成金を活用すべきか補助金を活用すべきかなど検討されるといいでしょう。

2021年度版女性起業家向け助成金

ここまで読んでいただき、助成金について少しご理解いただけたかと思いますので、早速今年2021年の女性起業家の方向けの助成金についてご紹介して行こうかと思います。

今回、ファイナンシャルプランナーである私小寺がご紹介したい助成金は

・若手・女性リーダー応援プログラム助成事業《東京都》

・両立支援等助成金《女性活躍加速化コース》

・地域中小企業応援ファンド《スタートアップ応援型》

・キャリアアップ助成金

の4つであります。

それでは一つずつご紹介してまいりましょう。

【女性起業家助成金】若手・女性リーダー応援プログラム助成事業《東京都》

まずご紹介したいのは、東京都限定にはなってしまいますが若手・女性リーダー応援プログラム助成事業であります。

こちらの助成金は、都内の商店街を活性化させることを目的とした助成金となっております。

主な申請資格として、

1.「女性」又は「令和4年3月31日時点で39歳以下の男性」であること

2.「創業予定の個人」、もしくは「個人事業主」であること(法人、法人代表者は申請対象となりません)

3.申請予定店舗は「都内商店街」であること

4.申請予定店舗の「開業が各回助成金交付決定日以降」であること(第1回:令和3年8月1日、第2回:令和4年1月1日)

5.申請予定業種は「公社が定める業種」であること

6.申請時点で「実店舗を持っていない」こと

の6点の要件をすべて満たす必要があります。2つめの要件で分かるように、これから起業する方も対象となっているので、幅広い年代の個人事業主に対応していると言えます。

詳細は東京都中小企業振興公社のHPに掲載されており、HPでは文章だけではなく動画でも細かく説明しているので、興味のある方は一度サイトにてご確認されることをおすすめします。

このサイトをよくご覧いただく北陸の方でも、悔しがってばかりいなくても大丈夫です。都心部で行われた助成金制度は、かなりの確率で数年後にそれぞれの都道府県や市町村で似たような助成金が開発され、募集されることが多いものです。

ただし、名前が違っていることや、要件の詳細が異なることも多いので、その時を逃さないように、日ごろから情報収集しておくといいでしょう。

【女性起業家助成金】両立支援等助成金《女性活躍加速化コース》

次にご紹介するのが、両立支援等助成金《女性活躍加速化コース》というものです。

こちらは、従業員の仕事と家庭の両立の支援や、女性の活躍推進のための取り組みをする事業者を支援する制度となっています。

両立支援等助成金にはコースがいくつかあり、コースの中でも女性活躍加速化コースは従業員の福利厚生の改善を考える女性起業家の方にとって取り組みがイメージしやすいという点でおすすめのコースとなっております。

詳しくは厚生労働省のPDFより確認することができますので、興味がある方は是非ご覧ください。

【女性起業家助成金】地域中小企業応援ファンド《スタートアップ応援型》

3つ目にご紹介するのは地域中小企業応援ファンド《スタート・アップ型》。こちらは、中小機構と各都道府県の公共団体・金融機関等が共同で出資し運営している支援制度です。

対象は地域貢献性が高い新事業に取り組む中小企業者等となっており、商品開発や販路開拓などの費用に対して助成してもらえます。

地域貢献性が高い起業活動や事業活動を行っているという方は、こちらの助成金を考えられてもいいかもしれませんね。

詳細は中小機構のHPに掲載されていますので、詳しく知りたいという方はぜひそちらもご覧ください。

中小機構のHPはこちら

【女性起業家助成金】キャリアアップ助成金

キャリアアップ助成金は、有期雇用労働者や短時間労働者などの非正規雇用労働者が企業内でのキャリアアップを促進することを目的とした助成金です。

女性起業家の方の中でも、パートやアルバイトなどを雇っていらっしゃって、非正規雇用従業員の正社員化や従業員の待遇などの充実を考えられている方におすすめです。

このキャリアアップ助成金には、目的別に

・正社員化コース

・障害者正社員化コース

・資金規定等改定コース

・資金規定等共通化コース

・諸手当制度等共通化コース

・選択的適用拡大導入時処遇改善コース

・短時間労働者労働時間延長コース

の7つのコースがあります。

それぞれのコースによって受給要件の内容や助成金額等は異なっていますので、キャリアアップ助成金を検討されている方は詳細が書かれている厚生労働省のHPをご覧になることをおすすめいたします。

厚生労働省のHPはこちら

【女性起業家助成金】月次支援金について

ここまで女性起業家向けの助成金についてご紹介してまいりましたが、それとは別に、最近私の元に多く寄せられる相談の中に月次支援金と言うものがあります。

月次支援金というのは6月から申込開始予定の制度です。助成金ではなく給付金にあたるもので、要件に該当すれば支給される点で一時支援金に引き続き注目されています。

月次支援金については私が住んでいる北陸地方では利用できる事業者が限られているなど、注意すべきポイントがいくつかありますが、それについては別の記事で詳しく書かせていただいております。興味がある方や詳しく知りたいという方はそちらの記事も参考にしてください。

北陸の事業者さま向け!!月次支援金(中小企業庁)の要注意ポイント!!

助成金を検討される際は要件などをよく確認しよう

今回は女性起業家向けの助成金を4つご紹介させていただきましたが、助成金によって要件なども異なってまいります。

助成金の申請を検討される際は、事前にHPなどをみて要件に当てはまるかどうかをしっかり確認するようにしてくださいね。

女性起業家向け助成金2021年度版4選まとめ

いかがでしたでしょうか??

まだまだコロナの影響により先が見えない状況が続きそうですが、この先が見えない状況というのは起業家の方にとって非常に辛い状況が続くということとも言えます。

もし今、今後の起業活動の先が見えそうにない、これからどうしていいかわからないという方は、今回ご紹介したような補助金などを上手に活用してみることで、何か解決策などを見出せるかもしれません。

今回ご紹介した補助金制度があなたの役に立てるようでしたら、ぜひ積極的にご活用してみてください。

また、もし個別にあなたの今後の起業活動はどうすればいいのか、今回紹介した補助金以外に解決できる方法はないかなどのご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせよりご相談ください。

あなたのご都合に合わせてファイナンシャルプランナーである私小寺が、あなたの起業活動のお悩みに個別にお答えいたします。